• ◉ブラインドサッカー チャレンジカップ2019 とは

    ブラインドサッカー チャレンジカップは、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会とNPO法人日本ブラインドサッカー協会が新設した、ブラインドサッカーの普及と国際大会でのメダル獲得へ向けた強化を目的とした国際親善大会です。公式戦と同様の環境で行う予定で、2020年に行われる複数の国際大会に向けた重要な強化の場として位置づけられています。


    第2回大会となる「ブラインドサッカー チャレンジカップ2019」は、2019年は12月8日(日)に町田市立総合体育館で開催され、日本代表(世界ランク13位)が世界ランク8位のモロッコと対戦します。

     

    本大会は入場無料です。一部に有料席を設けます。

    チケットの席種・価格は後日公開いたします。

  • ◉ブラインドサッカーとは

    視覚障がい者と健常者が、互いに協力しプレーするサッカーです。

    4人の「フィールドプレーヤー(全盲)」と、「ゴールキーパー(健常者もしくは弱視者)」のほか、

    敵陣ゴールの後ろから選手に情報提供する役割を担う「ガイド」、全体指揮を執る「監督」の合計7人で行われます。

    ピッチサイズはフットサルと同程度のサイズで、ボールは、転がすと音が出る専用ボールを使用します。

    選手たちにとって、仲間の声やボールの音、時には相手選手の声さえも、大事な情報源となります。

    プレー中はお静かに」ですが、ゴールが決まった瞬間は、大歓声を上げて、喜びを分かち合いましょう!

  • ◉会場

    町田市立総合体育館
    〒194-0045 東京都町田市南成瀬5‐12

    電車

    JR横浜線「成瀬駅」より徒歩約9分

    バス

    神奈中バス「吹上バス停」より 徒歩約5分
    町70(町田バスセンター~十日市場駅)
    町71(町田バスセンター~青葉台駅~中山駅北口)
    町77(町田バスセンター~長津田駅北口)

  • ◉大会概要

    • タイトル:ブラインドサッカー チャレンジカップ2019
    • 英タイトル:Blind Football Challenge Cup 2019
    • 日程:2019年 12月 8日(日)
    • 会場:町田市立総合体育館
    • キックオフ:14:00
    • 主催:公益財団法人 日本障害者スポーツ協会(JPSA:Japanese Para-Sports Association)/ 特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA:Japan Blind Football Association)
    • 主管:特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会
    • 競技クラス:B1(全盲)クラス
    • 招待国:モロッコ(世界ランク8位)
    • 大会事務局:特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会(〒169-0073 東京都新宿区百人町2-21-27 ペアーズビル3階)
  • ◉無料席整理券/チケット情報について

    本大会は入場無料、一部に特典付有料席を設けております。

    【無料席について】

     

    整理券配布期間 2019年11月08日(金)10:00〜試合当日キックオフまで
     

    当日は入場制限を行う場合もございます。
    ご来場いただくお客様は、整理券事前予約のご協力をお願いします。

    ご予約はこちら
    尚、ご予約いただきました整理券はキックオフ15分後に無効となりますのでご了承ください。

     

    【有料席について】

    一般発売 2019年11月08日(金)10:00〜

     

    チケット価格
    ◆透明シート  6,000円

    ◆アリーナ席  4,000円(オフタイムご招待券付) / 4,000円(ビギナーズパック) / 10,000円(ユニフォーム付)


    座席紹介

    ◆透明フェンスシート 6,000円
    ・指定席(当日、ノベルティと合わせて座席番号をお知らせします)
    ・フェンスの真裏から大迫力でお楽しみいただけます!
    ・日本代表選手と写真撮影
    ・試合終了後メモリアルフォト*1

    ◆アリーナシート 選べる特典付! 4,000円
    ・指定席
    ・選べる特典

     1.ビギナーズパック*1*2 +0円

     2.日本代表ユニフォーム*1 +6,000円

     3.オフタイムご招待券*3 +0円
    ・試合終了後メモリアルフォト *ピッチにおりて写真撮影いただけます


    *1 メモリアルフォトは試合終了後にピッチ内で、お客様ご自身のカメラで写真撮影をしていただけます。
     当日の試合球も写真撮影に使用可能!是非、ご参加ください!

    *2 観戦のマストアイテム、タオルマフラー(通常1,800円)とリストバンド(通常800円)がブラサカ代表ユニを着たアクビちゃんのトートバッグ(通常1,500円)に入ったとってもお得なチケットです!
    *3 通常4000円の体験会「OFF T!ME」にご招待いたします。

  • JPSA オフィシャルパートナーズ

  • ◉バリアフリーの取り組み

    当協会では、誰でも試合を楽しめるよう観戦環境整備に取り組んでいます。障がいのある方や一時的に身体の機能が低下している方にも試合観戦をお楽しみいただけるよう、サービスやサポートツールを用意しております。今大会におきまして、以下の内容でリレーションセンターTASKALを設置します。

    リレーションセンターTASKAL設置

    入場ゲードを入ってすぐの場所にある、総合サービス施設です。障がいのある方や、一時的に体の機能が低下している方にも試合観戦をお楽しみいただくためにご用意しているサービスやサポートツールを、こちらで提供しています。

    サービス・サポートツール実施内容

    ①リレーションクルーの受付
    ②音声ガイドシステムの貸し出し
    ③触地図ガイドブックのご用意
    ④拡大ガイドブックの貸し出し
    ⑤筆談ツールの貸し出し

    ①リレーションクルー(サービス介助士)

    会場で安心して試合を観戦していただくために、リレーションセンターTASKALに「サービス介助士」の資格を有するスタッフが常駐しています。車椅子を使用する方でお手伝いが必要なとき、視覚障がい者で手引きが必要なとき、聴覚障がい者で手話通訳が必要なとき、その他来場者が何か困った場合は、リレーションクルーが対応します。
    * サービス介助士とは、障がいがある人や高齢の人を手伝う際の「おもてなしの心」と「介助技術」を学び、相手に安心していただきながら手伝いができる資格を有する人です。
    協力:公益財団法人日本ケアフィット共育機構

    ②音声ガイドシステム(実況中継)

    会場では、視覚に障がいのある方でも臨場感ある試合観戦ができるようにベテランによる試合の実況中継を行っています。また、当日会場で聴くことができる受信機を用意しています。受信機は、リレーションセンターで無料で貸し出ししています。
    協力:Palabra株式会社、東京アナウンスセミナー

    ③触地図ガイドブック

    凹凸のついた図面に点字を施した会場図です。入退場ゲート、ピッチ、スタンド、トイレ、ショップ(ブース)等の位置を紹介しており、方向や会場の配置確認ができます。

    ④拡大ガイドブック

    当日配布する大会パンフレットの文字・写真が見やすいサイズでご覧になれるよう、拡大ガイドブック(iPad)にPDF化したデータを入れてご案内します。リレーションセンターにて無料で貸し出しています。

    ⑤筆談ツール

    聴覚に障がいのある方でも会話ができるように、iPad(手書き筆談アプリインストール済)を用意しています。iPadは受付スタッフが持ち、来場者にもリレーションセンターにて無料で貸し出しています。

    協力企業

    公益財団法人 日本ケアフィット共育機構

    https://www.carefit.org

  • ◉取材申請について